スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/25犬猫飯セミナー(2)~LGSについて

さて、6/25受けたセミナーに関する記事の続きを書きたいと思います。


セミナーに関する以前の記事はこちら。

6/25犬猫飯セミナー(1)



4.腸管に注目

腸管の粘膜細胞間に穴が開いて、様々な有害物質が侵入する現象をLGS(Leasky Gut Syndrome:腸管壁浸漏症候群)と言います。LGSが起こると免疫が低下し、腎臓や副腎などの病気に発展しやすいそうです。また、特にアレルギー疾患や皮膚症状とは深い関係を示します。

2011070621430000.jpg
「かあちゃん、むずかしいよー。花、もうねむいよー。」

「いいよいいよ。花は分かんなくても、母ちゃんが頑張って覚えるから。」


さて、このLGSの一番の原因だと言われているのが小麦(全粒粉、精白粉に関わらず)なのです。また、レクチンを含む食材にも注意が必要なのだそう。

★レクチン
レクチンは豆類やジャガイモなどの野菜に含まれている糖結合性タンパク質です。細胞膜の表面にある糖タンパク質や糖脂質と結びついて、細胞を活性化させます。
【レクチンを多く含む食品】
小麦胚芽、トマト、アメリカ山ごぼう、じゃがいも、枝豆、大豆、いんげん豆、レンズ豆、その他豆類 etc....


ちなみに人間のLGSは鎮痛剤が一番の原因ですって!


LGSにならないためには腸管を守らなければなりません。

腸管を守るには、まずは小麦を避けること。フードはもちろんですが、トリーツにも小麦が使われているものは多いので要注意です。


2011070621410004.jpg
「花ちゃんもこはなちゃんもアレルギーやから食べられへんけど、ボクは小麦、平気やで~。」

「うん、トトはアレルギーはないけどなぁ、うちでは小麦の入った食べ物は一切あげへんよ~。」


あと、それから酵素を意識して取り入れる(フードの場合は特に、消化酵素を加える)ことが大切。

★酵素を豊富に含む食材
キウイ、パイナップル、マンゴー、パパイヤ、スプラウト、大根、かぶ、ヨーグルト、味噌、納豆 etc...

2011070621410000.jpg
「みんなすき。たべたいでつ。」

「うん、また後でね。」


また、「消化性白血球増加症」の防止も重要。

「消化性白血球増加症」とは、加熱食品・加工食品(フード)などの消化酵素を含まない食材をあげると、体がそれらを異物だと考えることによって腸管に白血球が集合する現象で、集合した白血球が腸管を攻撃してしまった結果LGSを引き起こしてしまいます。

圧力鍋で炊いたものは、より多くの白血球が集まってしまうんだそうです。

この現象を防止するためには、加熱食品・加工食品を与える5~10分前に「生」の食材(野菜、果物、発酵食品)を与えると良いそうです。

では、今日はこの辺で~。

続きを読む

ぐんぐん成長しております。

※動画ばっかりなので携帯からは見られなくてごめんなさ~い。

2011070506430002.jpg


我が家に来て2週間ちょっとのかりん。




初めは、顔は猫かぜの目やにと鼻水でぐちょんぐちょん(>_<) でも、今は鼻水は止まり、目の炎症が少し残っているけれど随分と綺麗になりました♪



ヨタヨタとしていた足取りもしっかりしてきて、今では飛んだり跳ねたり走ったり潜ったりで大大大大忙し!



「ど、どこいくねーんっ」というような隙間にも興味津々(笑)
昨日は洗濯機の後ろに入り込んで、出口がわからなくなって「にゃー(泣)」。
…どんくさい( ̄◇ ̄;)

ちょっと前までは上手に食べられなかったし、1回に食べる量も少なかったから本当に大変だったけど、今じゃもう、自力で食べられるようになって、ぐーーーーーんとペースアーップ!ヨシヨシ!

はじめての乳飲み子でどうなることかとおろおろしたし、寝不足でぶっ倒れそうになったけど、なんとか乗り越えたかな?(*^-')b

あとは約2か月後の猫エイズ、猫白血病検査に引っ掛からないことを願って(人д`*)オネガイシマス



とにかく、元気で何より!ルン♪((o'∇'o))ルン♪

一方、かりんがバタバタとじゃれている頃・・・、

続きを読む

我が家の食事風景~犬編

いつもお邪魔しているブログ「SMILES@LA」にて、先日「ちょっとご質問」という記事で、犬たちの食事中の様子についてアンケートを取られていたので、うちの子達の様子をアップしようと思います。

ちなみに、これは土曜の夜ご飯。
メインは鯵。
野菜は胡瓜、人参、大根、ベビーリーフ、大葉。
犬飯20110702


そしてこちらは日曜日の朝御飯。
メインは馬肉と半熟目玉焼き。
野菜は南瓜、トマト、舞茸、ベビーリーフ、キウイ。
犬飯20110703

野菜は胡瓜以外フードプロセッサーにかけるのでドロンドロンになります。

そして今日の朝御飯。
メインは馬肉。
平日の朝は忙しいのでソジョーズグレインフリー+野菜で今日は胡瓜と牛蒡。
2011070407350000.jpg



携帯動画なので、切れ切れですみませんm(__)m




これは土曜日の食事風景。


で、次は昨日の食事風景。

いつも最初に皆をお座りさせて、待たせてから、ヨシで一斉に食べ始めます。

でも、その部分は撮り損ねちゃった(^^;




もう既に終盤に差し掛かっていますね。
ここまで30秒もかかってないかな?




ほとんど空っぽになったお椀たち。




こはなが一番に食べ終わりますが、しつこく自分のお椀を舐めるのに夢中です。
トトは2番目に食べ終わり、自分のお椀ざっくり舐め終えると、花のお椀を狙っています(笑)




トトちゃん、なかなか花から目が離せません(笑)
でも、花がまだお椀から離れないので、トトもしゃーなしに自分のお椀を舐め直します。





花は食べること自体は遅くないのですが、こはなやトトに比べると舌が短いので、お碗を綺麗に舐めるのに時間が掛かります。
その間にもこはなはまわりに落ちたご飯のお掃除~♪

で、その花ちゃんの気が済んだら突入!

ああ!いいところで切れちゃった(T-T)



最後のお掃除はやっぱりこはなの役目(笑)


まぁ、毎日こんな感じです。


ね?食べている途中は私の方なんて1ミリも見ないでしょ?(笑)


あ、そうそう。
6/20に公園で拾ったかりんも元気にすくすくと育っています。

今朝の体重515g!
最初に比べると随分可愛くなったでしょ(笑)
2011070206290006.jpg


ただいま遊びたい盛りのおちびちゃん。
2011070206280001.jpg


キジ猫とサビ猫の雑種かな~?
2011070206310001.jpg

6/25犬猫めしセミナー(1)

先日、獣医師の本村伸子先生のセミナーに参加してきました。

しばらく、その備忘録的なブログを書きたいと思います。

今回参加したのは、初心者向けの「初心者のための手作りごはんと基礎知識」と中上級者向けの「第16回関西セミナー~血液生化学検査~」です。

では、まず初心者の部について。

今回の初心者コースにはフードをあげている方が多く参加されていたそうで、フードに関する説明の時間が長かったかなぁ~という印象でした。


I ペットフードの選別方法

1.酸化防止剤に注目

ドライフードには10%程度の脂肪が含まれており、光や空気に触れることで脂肪の酸化が生じます。

その酸化を防ぐために天然の酸化防止剤であるビタミンE(トコフェノール)やビタミンC(アスクルビン酸)、クエン酸、ローズマリー抽出物が添加されています。

しかし、この天然の酸化防止剤は合成のものよりも、犬猫にとってはもちろん良いのですが、酸化するのが早いという弱点があります。

ですから、早めに(10日程度がベター、短ければ短いほど良い)食べ終わる量を目安に購入すると良いです。

※てんかん等の発作がある子には「ローズマリー」は使用してはいけないと言われていますのでご注意下さい。


2.原材料に注目

フードの袋にはその原材料が記載されていますが、一番最初に記載されているものが一番多く含まれている原材料となり、あとに記載されるにつれ少ない原材料となります。ですから、一番最初に動物性のものが記載されているフードを選ばなければなりません。

また、フードには様々な種類の原材料が含まれていますが、たくさんの種類のタンパク質が混ざっていると、それぞれのタンパク質に作用する酵素は異なるため、体への負担が大きくなってしまいます。

つまり、体への負担を軽くするために、タンパク質は動物性のものと植物性のものを各1種類ずつにするのが良いそうです。

皮膚病や免疫に関する問題を抱えている子なら尚更気をつけて上げたい点ですね。

例えば、朝は植物性タンパク質で夜は動物性タンパク質、という風にするのも良いということでした。


3.タンパク質に注目

フードの袋にはそのフードの保証分析値が載っています。

犬と猫にとってタンパク質は重要な栄養素なので、保証分析値に記載されている粗タンパク質が犬では25%以上、猫では30%以上のフードを選ばなければなりません。

ここで注意が必要なのはシニア用やダイエット用フード。

昔はシニアには低タンパク質のフードを、と言われていましたが、タンパク質は免疫を司る栄養素なので、実はシニアもパピーと同じくらいタンパク質が大切だということが分かりました。

しかし、シニア用やダイエット用フードは脂肪と一緒にタンパク質も減っているものがあるそうです。

粗タンパク質が20%以下のフードを長期間与えるとタンパク質欠乏の状態になることがあるそうです。

食糞(特に猫のもの)をするようになったらタンパク質が足りていないと思うと良いそうです。


今日のところはここまで。

おやすみなさーい。

野良猫かりん

まーたやってしまいましたー。

6月20日(月)の朝、公園の植え込みの下でうずくまる子猫。
前日からの雨でびしょ濡れ。微動だびせず。

これはイカン!ということで、一緒に「はこと」のお散歩に行っていた父の制止を振り切り、拾ってしまいましたー。

最初に見た時は、黒っぽい塊で目やにで目も開いていなかったため「これは本当に猫だろうか?」と一瞬躊躇し、まじまじと見てみたらちゃんと猫でした。

後ろに回ってビニール袋でむんずと掴み、袋の口が締まらないように気を付けながら「はこと」のウンPバッグの中へ(笑)

そこから家に帰るまではウンPと一緒♪

臭いだろうけど、多分気にならないだろうし、みんなのウンPは暖かい!雨で冷え切った体にはいいのだ~。

案の定、家に着く頃には爆睡~♪


目やにと鼻水と雨で顔がぐちょぐちょだったので、ぬるま湯で全身を洗い、重湯を食べさせてから新聞を敷いた段ボールの中へいれるとまた爆睡。

ん~、この目やにと鼻水って猫風邪ってヤツかな?と思いつつ、この日はどうしても行かなければならなかったので母に託して仕事へ。

一段落付いたところで、早退して動物病院へ連れて行き診て貰ったら予想通り猫ヘルペスにかかっておりました。

体重250g、おそらく1ヶ月位とのこと。

治療のための目薬と飲み薬を貰い帰りました。

離乳食を始めても大丈夫とのことだったので、ウェットフードを牛乳で溶いてあげていますが、食欲は旺盛。ただ、食べるのはまだまだへたくそで、スポイトでミルクを飲む方がかりんも良いようです。

手足にも鳴き声にも力があります。

その後、丸2日経ってもウンPをしないので心配していたのですが、猫の先輩から「お腹をのの字に優しくマッサージしてあげて」とアドバイスを貰って、実践したところ5cmくらいのウンPが出ました♪

4日目の今朝には体重も320gになり、ぐんぐん成長中です。

この写真は20日撮ったものです。

かりん 2011年6月20日

お猿さんみたいに見えません?(笑)

※追記
で、これが今日のかりんです♪



猫っぽくなりましたね(笑)

名前:かりん
種類:雑種猫
性別:多分♀
状態:猫ヘルペスにかかっている。
今のところ寄生虫は検出されていないが要再検査。
猫エイズ・猫白血病も陰性だが、潜伏期間があるので要再検査。
プロフィール

ちりはこと

Author:ちりはこと
両親と3ワンとご機嫌に暮らしています。ただいまにゃんこも同居中!

いくつになったの
うちの子記念日
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
gremz
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。